眼科検診

眼科検診について

眼科検診

当院は特に眼科に力を入れています。
今まで培ってきた経験を生かし、眼でお困りの動物たちの手助けができれば、と思います。
どんなにささいなことでも、どうぞお気軽にご相談下さい。

より高度な検査・治療が必要な場合には、責任を持って二次診療施設へご紹介いたします。

犬猫でみられる目の主な病気

眼科検診

涙膜の病気
ドライアイに代表される涙膜の病気では、治りにくかったり、繰り返し起こる目の充血や黄色の目ヤニが見られることが特徴です。

眼科検診

角膜の病気
角膜の病気は目の病気の中でも最も多く見られる病気です。散歩の後やシャンプー後の目のしょぼつきは角膜に傷を負っている可能性もあり、早急な治療が必要となります。治りにくい場合は眼科専門医による手術も必要となることがあります。

眼科検診

白内障
白内障は目の中のレンズ(水晶体)が白くなり、進行すると目が見えなくなってしまう怖い病気です。白内障になってしまうと、目の中の炎症や緑内障につながる恐れもあります。

眼科検診

緑内障
緑内障は人間と同じく激烈な痛みを伴い、失明につながる非常に怖い病気です。特に柴犬やコッカー、ボストンテリア、シーズーは緑内障がよく見つかる犬種です。早期発見が大事な病気ですので、定期健診を受けましょう。

眼科検診

ぶどう膜炎
ぶどう膜炎は、炎症が目の中で起こる病気で、診断には眼科専門の機器が必要となってきます。ぶどう膜炎は緑内障にも白内障にもつながる怖い病気の為、迅速かつ適切な治療が必要です。なかなか治らない目の充血が見られる場合、ぶどう膜炎である可能性もあります。

眼科検診

網膜の病気
網膜は目の中の神経組織で、目から入った情報を脳に伝える大事役割を担っています。「網膜変性症」に代表される網膜の病気は失明の原因となることもあり、遺伝する可能性もあります。夜の散歩に行きたがらない、などの症状が見られた場合は早めの受診をお勧めします。